2019年
2019年3月16日
ターセリーS125のパーツが届きましたので、早速交換。
とりあえず、インジェクターを交換してみました。
エンジン始動をすると、いい感じがします。
一回り試乗してきて、プラグを見ましたが、きれいに焼けていましたので、直ったのではないでしょうか?
インジェクターが悪かったようです。
イグニッションコイルは交換していませんが、メーカーと相談して交換するかどうか決めます。




2019年3月15日
ターセリーS125のスロットルボディASSYを交換しました。
結果・・・、かからないので、プラグを新しいものに。
かかるようにはなりましたが、スロットルを開けながらでないとかからないので、おかしい。
プラグをみると、新品だったのにもかかわらず、真っ黒なので、燃料計がおかしいのか?
メーカーに相談したところ、あと交換していないのは、イグニッションコイルとインジェクターということで、両方共交換してみることになりました。
2019年3月13日
ターセリーS125ですが、プラグを換えたばかりのときはいいのですが、翌日などにはかかりが悪くなり、時にはアイドリングで止まるという状態。
故障診断を始めて、イグニッションコイルの抵抗値、クランクポジションセンサーの抵抗値、ロールセンサーの電圧、メインスイッチ部のコネクタの状態等を確認しましたが、どれも正常範囲ということで、スロットルボディを交換することになりました。
2019年3月10日
黒くしてみました。
2019年3月9日
KYMCO GP125のメットインを外してみました。

タンクは、後ろにあるキャブ車のころのつくりですね。

2019年3月5日
BMW K1100RS写真を取り直しました。
各部整備をしていますので、お徳だと思います。
点灯乗り出し価格¥499800です。
ボディ同色のパニアケース左右も付属します。
今となっては貴重なK1100RS、思い入れのある方、大切にしていただける方、よろしくお願いいたします。
2019年3月5日
キムコ ターセリーS125
エンジン始動しましたが、かかりが悪い・・・。しかもエンジン止まります。これが現実か!
FI診断機で確認しましたが、特に悪いところはないようで、とりあえず、メットインを外してみました。
気になるところは、スロットルボディとインマニを留めているバンドの位置がずれているのと、スロットルに来ているハーネスを留めているバンドのボルトがついていないことぐらいでしょうか?
インマニのバンドを緩めて、規定の位置に合わせて締め直してみたら、エンジン普通にかかるようになってしまいました。2次空気を吸っていたということでしょうか?
これが国内メーカーなら、何も問題ないのですが、他国で中国製などとなると、ほれ見たことか!となってしまうから気をつけてもらいたいところです。
2019年3月2日
アドレス110ですが、フロントブレーキを強く掛けると、カクンという音がするため、フロント周りをばらして確認しました。
ホイールベアリングやフォークは異常がなく、ステムもガタはなかったのですが、せっかくなので、ばらしてベアリングを洗浄、グリスアップしました。ブレーキが悪いのかとも思いましたが、一度組み付けて、確認したところ、音がしなくなりました。

結局、ステムベアリングだったのでしょうか?
まぁ直ったからよかったです。これで気にせず販売できます。

つづいて、新車のターセリーS125にグリップヒーターを取り付けました。
まだ走行はしておりませんので、欲しいという方は、よろしくお願いいたします。グリップヒーターはサービスとして、価格は同じです。どうですか?

2019年2月27日
建物が黒いんですよ。
レクサス、マツダ、スターバックス、マクドナルド、ホンダドリーム・・・。
遠めだと、なかなかよく見える・・・。
2019年2月26日
DIOのリアタイヤの交換をさせていただきました。

VINO2ストのキャブレター分解清掃をしたので、車体に組み付けて、始動を確認しました。プラグはさすがに交換しました。

夕方、TODAYのリアサスの交換をさせていただきました。

本日も、ありがとうございました。
2019年2月25日
アドレス110、フロントブレーキを強く掛けると、カックンと音がするんです。スズキの販売店をしている友人に聞いたら、新車でもするのがある・・・。おいおい。
前周りをばらして確認してみますか・・・。
2019年2月24日
BMW R1100RSのエアクリーナーエレメントを交換させていただきました。
2019年2月23日
知り合いのバイク店にアドレス110で、出張鍵作成に行きました。
ついでに、アドレス125とスウィッシュに試乗させていただきました。

スズキの125クラススクーター現行3車種に乗れました。

どれも、いいスクーターと言えるでしょう。
アドレス125と110はかなり簡素な装備で、そのあたりがちょっと寂しいですが、ロングストロークのエンジンフィールはなかなか気持ちよいので、乗っていて楽しいです。
前後10インチのスウィッシュも、両手を離しても、ビシッと真っ直ぐ走りますし、なかなかの安定感です。
どれがお勧めかといわれれば、やっぱりKYMCOのターセリーS125でしょうって・・・。すみません。
2019年2月22日
ジャイロキャノピーの修理をさえていただきました。
アイドル不調、全体的に力がない・・・。
バルブの突き上げ等を前回疑ったのですが・・・。
圧縮有、バルブクリアランス正常、プラグ正常、点火時期正常、結局のところ、スロットルボディがだめなのではないか?
C110でもあるようですが、そういう場合はスロットルボディを交換してしまうそうです。

結局力がないので、坂を上らない、エンジンは全開・・・。
おそらくそれが原因で、ドライブフェイスのボスの部分が溶解?、ボロボロです。ベルトは跡形もなく粉々・・・。

すべて交換です。

スロットルボディを交換しましたので、スロットルの全閉位置をコンピューターに記憶させる必要があるため、エラーコードの初期化、次に前閉位置を記憶させる作業をしました。

乗ったところ、好調になりました。少し急な坂で停まって発進もしてみましたが、普通に上ります。

とりあえず、直ってよかったです。






2019年2月21日
お久しぶりでございます。
動画に時間を割いているあまり、こちらが疎かになってしまい申し訳ございません。

太田市から館林市へ向かう途中、前を走っていたキャリアカーにスバルの新車が積まれておりました。

今か今かと待っているオーナーのもとへ・・・。いいですねぇ。



2019年2月18日
ジャイロキャノピーのもう一台です。
途中で止まってしまったとのことで・・・。レッカーで当店に。
開けてみたら、ベルトが粉々です。ウェイトローラーもボロボロ、ランププレートはへんな減り方をしており、ムーバルブドライブフェイスのボスの部分は、磨耗がひどくガタガタ・・・。
クラッチウェイトも減っており、ハウジングもガリガリという感じです。
前回、もう一台のほうの駆動系を一式交換したのですが・・・。
2019年2月17日
BMW R1100RSです。
以前販売させていただいた車両が、戻ってまいりました。
現在のメーター距離は12400kmほどです。
よい状態を保っております。というか、ブレーキホースなども変わっており、よりよい状態と言えるでしょう。
早い者勝ちです。さすがに20年が経過していますので、なかなかこのコンディションのRSはでてきません。
2019年2月15日
KYMCOジャパンの正規販売店として、契約させていただきました。
KYMCOの日本向けモデル250cc以下は、ご購入いただけます。
実際にふれていただければ、よさに気づいていただけると思います。台湾はもとより、世界中で愛されているKYMCOです。オートバイだけでなく、ATVでも有名です。
日本には世界の4メーカーがあるため、他国のバイクは認めたがらない傾向ですが、BMWにエンジンを供給し、Kawasakiブランドのスクーターを販売していたりと、実力は相当のものです。
あなたも是非、KYMCO社のスクーターにお乗りになり、そのよさを体感していただければ幸いです・・・。

2019年2月14日
下取りさせていただきました、アドレス110の駆動系を開けて点検いたしました。ベルトは新品に交換されていると、伺っていましたので、納得の状態です。
その他、前後タイヤも新しいものがついていますので、消耗部品はしばらく交換が必要ないでしょう。
お値段もお安いです。
2019年2月11日
ジャイロキャノピーの修理です。
エアクリーナーが汚れていたので、とりあえず交換。
駆動系をほとんど交換することになるとは・・・。
2019年2月10日
レーシングキング180にナックルガードを取り付けさせていただきました。
手が冷たいので、何かカバーが欲しいということです。

スクリーンをつけているため、ミラー部に取り付ける余裕がないので、昨年末に発売された、キムコのターセリーSに標準でついているナックルガードを少し加工して取り付けいたしました。

レーシングキング側のカバーに3箇所穴を開け、トリムクリップ3個と両面テープを使用して取り付けています。

なかなかマッチしているのではないでしょうか?


つづいて、スズキTF125のリア周りの取り付けをしました。
取り付けると、存在感がかなり増します。

1台は、前後タイヤをミシュランのシラック、スプロケットをフロントを大きく、リアを小さくして、乗りやすい仕様にしてから販売させていただきます。
ご興味のある方は、お知らせください。

輸入元から、新たなバイクが紹介されましたが、グランドフィラーノのハイブリッドやMT-15、PCX150のハイブリッドなど、魅力的なものがございます。どれも日本での販売はないようですので、乗っていると目立つこと間違いなし?
でもPCXは見ただけじゃわからないでしょうが、わかる人だと、えっ、150のハイブリッドなんてあったっけ?となるでしょう。
どれも2月中には入るようですので、欲しい方は是非、お知らせください。価格は、販売欄にございます。


2019年2月9日
久しぶりに雪です。
道路は大丈夫ですが、周りは少し積もりました。
いや〜寒いです。
2019年2月8日
TODAYの前後タイヤとエアフィルター、プラグの交換をさせていただきましたが、まさか大変な作業になるとは・・・。

リアホイールを外すのに、マフラーを外します(もしくはずらす)が、マフラーを留めているボルトを緩めようとしたら、嫌な感触がするではありませんか!やはりねじ切れました。
ボルト2本とも折れてしまい、しかたなくドリルで揉んで、穴を開け、最終的にリコイルで新しいネジ山を作りました。

この作業のために、2時間ぐらい余計にかかってしまったワン。

そうは言っても、無事に取り付けられてよかったです。

2019年2月7日
ムサシと一緒に、注文したバイクを引き取りに行きました。
日通さんの千葉営業所です。

早速持ち帰り、梱包を分解。

TF125はこんな風に入っているのですね。

付属品を下ろして、車体にハンドルとホイールを取り付けて、トラックから降ろします。

2台とも無事に降ろすことが出来ました。

明日は、車体の組み立てができるといいですが、他の仕事があるため、日曜日以降でしょうか?


TS185ERと比べると、取り付けるパーツが多いため、その分手間がかかります。

梱包から出しているところは、店長ムサシチャンネルにUPしていますので、是非ご覧下さい。





2019年2月5日
所用で大多喜に行きました。

戻ってきてから、キムコのターセリーS125のステム交換をしました。
さすがに発売して間もないモデルですので、中古は入手できないですから、キムコジャパン正規品新品です。

新品と比べると、結構曲がっているものです。
早速取り付け。
フロント左右のカバーを外して確認しましたが、曲がっていたのは、ステムシャフトだけでした。他の部分に破損はないですし、曲がりも見受けられませんでした。
よほど当たり方が悪かったのか、良かったのか・・・?

組み付けてから、早速試乗。

これでしょう。
両手を離しても、真っ直ぐ走ります。
ブレーキをかけても触れることはありません。

10インチなどの小径スクーターですと、両手を離すと、ふらふらしたりしますが、さすがに16インチですので、真っ直ぐ走って当然といえるでしょう。

直ってよかったです。





2019年2月4日
ビーノのエンジンオイル交換
TODAYのエンジンオイル交換
をさせていただきました。

つづいて、G650Xチャレンジの前後タイヤ交換、エンジンオイルとフィルターの交換をしました。
模様は、YOUTUBEの【店長ムサシ】チャンネルにUPしてあります。
リアタイヤの交換の動画も撮っていたのですが、UPしたものと思い込み、消してしまった・・・。



2019年2月4日
ご成約いただいた、スーパーモレの整備をしました(1/31)。
前後タイヤは以前新品に交換済み。
スパークプラグ交換
バッテリー新品取り付け
エアフィルター点検
その他

スパークプラグは、前のカバーが大きく開くので、交換しやすいです。

さすが、2ストです。出足のよさは、現代の50ccスクーターとは比べ物になりません。
しかも、新聞配達用ですので、かなり丈夫に作られています。

どうして人気がないのでしょう?





2019年2月3日
キムコ ターセリーS125・・・。転倒傷のある新しい車両。
両手を離すと、左にそれていく・・。
フロントブレーキだけをかけると、右にそれていく・・・。

両手、もしくは片手なら、真っ直ぐ走ります。
前後ブレーキを同時にかければ、それずに止まります。

少なくとも、当方ともう一人が、ん?と思うのですから、おかしいでしょう。
ということで、

ターセリーSのフロント周りをばらして、原因を探りました。

結果として、ステムシャフトに曲がりがありました。

外装から見ると、大きな転倒ではないと思うのですが、打ち所が悪かった(アクスルボルトに傷があるので、そこが当たって、曲がった)ようです。やわらかいところを作っておかないと、他の部分にも影響がでるでしょうから、ある意味正解なのですが、ん〜・・・新品注文しました。

これでビシッとなるでしょう。
こんなことを書いたら、売れなくなってしまうではないですか!



2019年2月1日
ハロゲンバルブの明るさ(カンデラ表示)を測ってみました。
青いバルブはどれぐらいの明るさなのか?
実際なにが明るいのか?
けっきょくのところ、バルブのガラスに色が付いているものは、その分暗いという結論に・・・。
透明なのが、たとえ白熱色であっても、実際は明るいのか!
2019年1月29日
今日はご購入いただきましたオートバイをご自宅まで配送させていただきました。お目付け役で店長も一緒です。
2019年1月28日
代車で利用しているキャプチャー125の前後タイヤを交換しました。代車ゆえ、中古の溝のあるタイヤをつけていましたが、今回は前後共新品にいたしました。

キャプチャー125ですが、当時新車で18万ぐらいだったと思いますが、前後アルミホイールだったり、リアボックスが標準で装備されていたりと、お徳感の高いモデルでした。

現在は、GP125というモデルが発売されました。
デザインは、現代的になっていますね。



2019年1月27日
ターセリーS125のスロットルケーブルの遊び調整、エンジンオイル交換をしました。
やはりというか、ドレンボルトはマグネット付でした。

メットインを外して、中を見ると、さすが新しい車両です。きれいです。



2019年1月26日
KYMCOのターセリーS125です。
オークションに出品されていたので、落札いたしました。
走行500kmほど、おそらく販売店が試乗車で使っていたのではないかと思うのですが・・・いかが?

うちが販売店なら、試乗車に使うという手もあるでしょう。
代車として使う・・・。原価償却か消耗品として処理が可能・・・。

最新の・・・いい響きです。


2019年1月25日
TS185ERの納車整備が完了いたしました。
ユーチューブで、梱包を出すところから、組み立てまで、動画をUPさせていただきましたので、こういう感じなのかとわかっていただけたのではないかと思います。

ご購入を検討されている方は、お近くのバイク屋さんでご購入ください。
もちろん、当店で購入いただけると幸いですが、遠方の方の場合は、お近くのお店のほうがメリットがあるのではないかと思います。

2019年1月24日
JOGの前後タイヤ交換、リコール、改善対策、サービスキャンペーン、破損していた外装の交換が終わりました。

メインハーネスの交換までになりましたので、お時間がかかってしまいました。

その後、TS182ERの登録に出かけ、1日が終了してしまいました。

明日は、AG100のキャブレターのフロートバルブの交換、TS185ERの組み立て等を行います。

それにしても、ユーチューブのチャンネル登録者数や、再生回数など、どこかロールプレイングゲームのようなところがあって、面白いですね。

再生回数は、増え続けていくわけですが、チャンネル登録者は減ることがあるので・・・。本日、減ってしまいました・・・。

2019年1月23日
TS185ERの梱包をばらしました。
店長ムサシチャンネルで、その模様をUPさせていただいておりますので、ご興味のある方は、ご覧いただけますと、動画UPの励みになるわけでございます。チャンネル登録をしていただけると、またまた励みになるわけです。

お預かりしている、JOGの5型のリコール、サービスキャンペーンですが、メインハーネスの交換となってしまいました。ヤマハから工賃はいただけるので、ありがたいことですが、作業自体は大変な作業になってしまいます。

ハーネスが届いたのが、夕方だったので、明日作業をさせていただきます。

今日は定休日ですが、TS185ERの梱包をばらす作業をして、車両を降ろし終わったところで、なにか疲れてしまいました。

2019年1月22日
実家においてある荷物を取りに行きました。
アルバムがあったので、開いてみると、昔の写真がありました。

特急みちのく・・・って知っていますか?

常磐線の昼間に走っていた特急です。寝台特急用の583系型車両をしようしていました。たしか、上野から仙台までだったと記憶しております。

廃止となる最後の日に、柏駅近くのガード下で待って、写真を撮りました。

2019年1月21日
R1100Rのファイナルギアとミッションオイルの交換、バッテリー交換、オルタネーターベルトの交換、中古ETCの取り付けをいたしました。
試乗して、問題がなければ終了です。



2019年1月19日
ヤマハのサービスキャンペーン作業の続きです。
水温センサーのハーネスの取り付けが不適切のため、断線の恐れがあるので延長ハーネスを追加するというものなのですが、断線していました・・・。そうなるとメインハーネスASSYでの交換となりますので、月曜日にメーカーに連絡して、パーツを送ってもらうことになり、またお時間がかかります。

2019年1月18日
XJ750D車検に行ってきました。
登録して、40kmほど試乗。

いやぁ〜思った以上に楽しいバイクです。
空冷4気筒750はよい味があります。
サイレンサーが社外のため、ノーマルと違うと思いますが、パワー感やサウンドに、気持ちが踊るというか、外見やメーターなどからの印象では、おもちゃ的な感じを受けますが、実際に乗ると、楽しいなぁ。

CB750Lも登録したので、後日試乗して問題がないか確認いたします。

2019年1月17日
RV50vanvanです。
きれいですので、大切にしていただける方にお乗りいただけると幸いです。
唯一残念なのは、空気入れがついていないことですが、外見がよいので、気長に探していただければと思います。
50なので、速くはありませんが、2ストですし十分かなとも思います。
2019年1月16日
ここが栃木の陸運局ワン
軽2輪の登録は、ひとつの窓口だけで終わるワン。

検査レーンの出口にラダーを掛けて停めてある軽トラックは、あのお店のだワン・・・。


YAMAHA XJ750D
いろいろ見ていくと、すごいバイクですね。
ちょうど同じ時期に、ホンダからセイバーが出ましたが、どちらがどうということもないのですが、先進性とか、未来を見据えたということでは、ヤマハでしょう。

セイバーの見るべきところといえば、水冷V型4気筒エンジンですが、現在V型4気筒はありますが、ごく少数派。
メーターに自己診断、シフトインジケーターが表示される仕組みですが、メーターとしてはアナログです。
光ファイバーを利用した、ロッキングケーブルなんてものもありましたが、ん〜その時だけ?
あとは・・・。
一方、XJ750Dは、自己診断機能がメーターにあり、さらにメーターはデジタルです。
いまではすべてのバイクが問いっても過言ではない、インジェクションシステム。
これもまた、当然のようになったフルカウル・・・。しかも、鉄のタンクを樹脂のカバーで覆っているんです。これって、現代ではあたりまえのように使われる手法ですが、当時はありました?あのBMWでさえ、タンクは外装の一部でしたよね。
これってすごいことだと、いまさらながらに感心した次第です。


2019年1月14日
ドラッグスター250のキャブレタージョイントがヒビヒビになっていましたので、交換させていただきました。

そんなことはないと思うのですが、ヤマハ車に多く見かけると思ってしまうのは偏見か、否、それだけヤマハ車が売れているということでしょう・・・。く、苦しい

一緒に、エアクリーナーエレメントの交換もさせていただきました。


つづいて、FTR223のフロントタイヤ交換をさせていただきました。
ちょうど、フォークシールが届きましたので、つづけてフォークの分解、シール交換を致しました。

パッドの残りがなかったので、ストックしていた純正パッドに交換させていただきました。

キャリパー、ピストン等は真っ黒でしたので、洗浄して、ピストンの汚れを落として、新しいパッドの取り付けを致しました。



最近はアメリカや韓国、ロシアもそうですが、日本の考え、意見等とかなり食い違っていることを言ってくる。
どちらが正しいのか?
日本にいては、日本の立場が正当なのではと思ったりするわけですが、実際はどうなのか?

かりに、日本の言う事が正しいとしても、相手が自分の都合のよいようにすることが、彼らの正しさであれば、どうすることもできない・・・。

アメリカ車が売れないのは日本のせいだというけれど、小さな島国で、石油などが採れるわけでもない、自国でできるといえば、工業製品であり、それを輸出して初めて、成り立っているといっては過言か。

そんな小さな島国に自動車メーカーが何社あるんですか?おかしなことですよね?
オートバイメーカーも世界の名だたる4メーカーがある・・・。

でも、いずれにしても、狭い国土で、高齢化して、人口も減ってきている日本国内では、そんなに売れないでしょう。

そんな国に、他国の車が走る余裕があるとしたら、国産車にない魅力や、圧倒的に安いとか、それぐらいしか選択の余地はないでしょう。

こんなことを言っては何ですが、アメ車の魅力って、大きいということではないでしょうか?大排気量で、豪快に走る。

もし、日本がアメ車を売れなくしているとすれば、ガソリンの価格、排気量にかかる税金、置く場所の車庫証明、道路の幅など・・・。ないと思ったけど、あるんですね?

アメ車だけは、自動車税なしとか、ガソリン税も掛からないとか、それぐらいすれば、かの国は納得するかといえば、それでも、日本では売れないでしょうから、こうしたらどうでしょう、お役所関係はすべてアメ車にするとか・・・。すべて聞き流してください。

もしアメ車がすばらしいのなら、かの国ではアメ車しか走っていないはずでしょう?なんで、日本車を買うのか?それは国民が一番わかっているのでは?

どうして、日本でアメ車が売れないのか?いやいや多くの日本の庶民は、軽自動車に乗ってるんですよ。ようは、そんな余裕はないんです。
そんなことを言うと、結局、日本政府が庶民に余裕のある生活をできるようにしていないということで、結果アメ車が売れないようにしているということなのか?

トランプ発言は奥が深い?





2019年1月13日
FTR223のリアタイヤ交換をしました。

タイヤ交換でお持ちいただいたのですが、フォークオイルがダダ漏れ、フロントホイールを外す際にキャリパーを外しますが、パッドを見ると、残りがない・・・。

この前、換えたのに・・・。とのことですが・・・。


RV50のフューエルホースを新品に交換しました。
少し硬くなっていたので、せっかくですから交換しておきました。
圧力は掛からないので、そんなに気を使わなくても・・・と思いますが、交換しておいて困ることはございません。

最近はインジェクション車ばかりですが、インジェクション車はフューエルホースを定期的に交換する必要があります。高圧が掛かっている為、もし亀裂や穴空き等があると、そこからガソリンが噴出します。ただ漏れているだけなら、蒸発するものもそれなりですが、噴出すとなると・・・。火達磨にならないように気をつけたいものです。

車検のないバイクなど、定期交換はどうするのでしょうか?

メーカーとしては、取説等に記載して、万が一そのような事故が起きた際も責任回避できるようにしているのは間違いありません。危機管理は当然のことですから。

また、車検有のバイクでも、ユーザー車検を受けている方も多いと思いますが、定期点検と定期交換部品の交換は、車検とは関係ないので、きちんとされたほうがよろしいでしょう。

中古車となると、そういうパーツの交換をして販売するのが当然・・・となると、それは価格に反映されるわけで・・・。難しいものですというか、そういうところをきちんとやっているお店で購入されるのが、結果安くつくのかなぁとも思いますが、そういうお店ってなかなかないですよね?結局ディーラーになるのか!




2019年1月12日
FTR223の前後タイヤのご依頼をいただきました。
車両をお預かりした際に、一回りして確認すればよかったのですが、お客様がお帰りになり、車体を中に入れて、さてフロントタイヤの交換をと思ったら・・・・。フォークオイルがダダ漏れではないですか!

すぐお電話をしたのですが、結局、フォークシールの交換も承りましたが、その場で、ご確認いただいたほうが、間違いはございません。

そのあたり、私の頭の中が、なにか抜けていたようです。

さすがにフォークオイルがダダ漏れですと、ブレーキディスクにオイルが付着した場合、ブレーキが利かなくなり、最悪、事故を起こしてしまうことになるかもしれません。

皆様も、日ごろから、お乗りになるオートバイの外回りを点検して、問題がないか見ていただくと、事故等を未然に防ぐことになるかもしれません。


2019年1月11日
皆様大変お待たせいたしました。
ついに、ヤマハの最新システムを搭載した、新時代のバイク、XJ750D入荷いたしました。

時は1982年
コンピューターを搭載した、デジパネ!
インジェクションシステム
国産車初のフルカウル。
こんなオートバイ、見たことない!

続きまして、ランツァの前後タイヤの交換をさせていただきました。交換前の写真でございます。

動画に明け暮れ、写真撮影を忘れているとは!



2019年1月10日
今日は、車両のお引取りの方が2名、お見えになりました。

その後、在庫車両のR1100Rの前後ブレーキフルード交換、フォークシール&ダストシール交換、エンジンオイル&オイルフィルターの交換をいたしました。

ブレーキホースがグッドリッジ製に交換されているので、途中フルードも交換はされているわけですが、結構きれいでした。
フロントのマスターには、リターンポートからのフルードの飛び出し防止にステンレスのワッシャーが沈めてありました。たいてい取り出しておくのですが・・・。

タンク内のフルードを抜き取って、新しいものを満たして、キャリパーのブリードボルトからコンプレッサーで抜きながら入れ替えます。

リアも同様に交換いたしました。

フォークシールに滲みがあると思い込んでいたため、フォークシール交換と記載していましたが、見たところ、ダストシールが新しい。
とりあえず外してみると、中がグリスまみれです。面白いことに、ワッシャーが一番上にきていました。たいてい、オイルシール、ワッシャー、スライドメタルの順なのですが。

最近交換しているのは間違いないようですが、結局交換することにしました。
新しいシールに交換して、順番は、通常?に戻してあります。

つづいてエンジンオイルの交換をしましたが、ドレンワッシャーが大変なことになっていました。これではオイルは漏れると思いきや、シールテープを巻いてあり、それで漏れを回避していたようです。
ん〜ここまでするなら、新しいものを使えばいいと思うのですが・・・。

新しいワッシャーを取り付けて、ドレンボルトを規定トルク(32Nm)で締め付けました。

オイルフィルターはK&N製(11Nm)です。

新しいオイルを入れて、今日はここまでです。






2019年1月8日
在庫車両のR1100Rの前後タイヤ交換をいたしました。
タイヤの溝はかなり残っているのですが、製造が2012年ですので、駆け抜ける喜びがBMWのよさですから、新品のタイヤにこうかんさせていただきました。
売れるといいですね。
2019年1月7日
スカッシュのオイルシールとドライブベルトの交換を致しました。
先日、ケース内の清掃と、プーリーの錆取をしておきましたので、そのまま交換するかたちです。

交換後試乗させていただきましたが、ベルトが新しい分、最高速は伸びている感じです。出足は変わらないでしょうか?


ジョルノの前後タイヤ交換とエンジンオイルの交換をさせていただきました。





2019年1月6日
TS185ERの1ヶ月点検、ミッションオイル交換、Fスプロケット(13丁)の交換をさせていただきました。

スクーターからお乗換えいただきましたが、楽しいとおっしゃってくださりうれしい限りです。

2019年1月5日
スカッシュのオイルモレ箇所を確認いたしました。
昨日、ご成約いただきありがとうございます。ベルトが気になるということで(さすがに40年近く前ですから・・・)、その場で開けたのですが、オイルモレがあり、オイルシールの交換をさせていただくこととなりました。

クランクシャフトのオイルシールから漏れていました。
原因がわかれば、そこを交換するだけですので、簡単?です。


つづいて、昨年末にご成約いただきました、レーシングキング180のエンジンオイルの交換、グリップヒーターの配線の取り回しの見直しをさせていただきました。ブレーキフルードは、グリップヒーターを取り付けた際に交換済みですので、あとは登録するだけです。前後タイヤの空気圧も調整いたしました。


つづいて、TF125の修理です。
エンジンが失火するということで、試乗させていただいたところ、通りに出る手前で、エンスト、その後、エンジンはかかるのですが、走ろうとするとエンストするため、当初は、クランクのオイルシールが抜けているものと思いましたが、スズキ2ストのクラッチ側のオイルシールはクランクケースを割らないと交換できないため、とりあえず、ステーター側(左側)のオイルシールを点検しました。観たところ、問題はなく、また新しいのできれいです。製造からの年数と走行距離に鑑みて、クランクのオイルシールが抜けるのはやはり考えずらいわけで、他の箇所を点検してからでもエンジン脱着するのは遅くないわけですから、他の箇所を見ていきました。

オイルポンプのレバー位置がスロットルと合っているか、プラグを交換等をして、エンジンをかけたところ、なぜか吹けあがりが快調になったのですが、しばらくしたらエンスト・・・。コックを見たらOFFでした。再びONにしてかけてみると、また不調。
ガソリンが少ないと調子がいいというのは、キャブレターに原因があるだろうという結論になりました。
ガソリンコックの下にある、樹脂の受けを外したところ、少し錆が沈殿していました。
こうなると、キャブレターを外すしかありません。
エアクリーナーボックスを外して、キャブレターを外したら、ジェットホルダーが浮いているではありませんか!
メインジェットが外れています・・・。まちがいなくこれが原因ということでしょう。

フロートチャンバーを外すと、メインジェットがチャンバー側に転がっていました。各部を清掃、ジェットホルダーをセットして、メインジェットを取りつけ、チャンバーをつけて、車体に戻し、外したものをすべて戻して、コックをONにして、エンジン始動・・・。絶好調です。
とりあえず、近所を一回りして、問題ないことを確認させていただきました。

直ってよかったです。ん〜すっきり。


VFR400Rも整備終了しましたので、明日配送させていただきます。








2019年1月4日
新年明けましておめでとうございます。
今年は、晴れの日がつづいて、新年早々バイクで出かけた方も多いのではないでしょうか?

当方は、いろいろな都合により、元日〜3日はバイクに乗ることができませんでした。

1/4は開店とともに多数のお客様にご来店いただきました。
うれしい限りです。

本年もがんばって、商売を続けていきたいものです。

可能なら、もう少し広いところで、認証工場になってできたらいいのですが、なかなか資金的に難しいのが現状です。
2018年はこちら


copyright(c)Bethel Motorcycle. All Rights Reserved